20代の若者でもインポになってしまう可能性はあるの?

インポは20代でもなる?

インポは20代でもなる?

妻やパートナーとの性交渉で男性器が反応しなくなるインポは、医学用語で勃起不全またはEDと呼ばれる症状です。一般的には加齢による身体機能の低下で中高年の男性に起こるのですが、残念ながら20代の若い人でもインポになる可能性があります。

いわゆる若年性EDと呼ばれる症状で、決して治らないというわけではありませんが、様々な要因によって起こります。

中高年のEDは、勃起に際して海綿体に送られる血液が十分に届けられなかったことによる器質性の問題で、血液がドロドロになる糖尿病、血管が収縮する喫煙、運動不足に肥満、脂っこい食事を好むといった健康にも悪い生活習慣が原因です。

これは20代の若者にも当てはまることですが、若さを信用して夜更かししたり、偏った食生活を続けることで中高年に罹る症状を引き起こすこともあるので注意しましょう。また、器質性EDとは別に、精神的な問題から起こる心因性EDというものがあります。

勃起のためには性的な興奮はもちろんのこと、リラックスした状態が必要不可欠です。たとえば性交渉の最中に緊張していると、脳が緊急事態と判断してその状態を回避することに努めるようになります。

これでは生理現象による勃起は促されず、常に萎えた状態のままインポになってしまいます。精神的な重圧、いわゆるストレスですが、最近の若者には仕事のノルマ、職場での人間関係、老後の不安などがあり、ひどいときには鬱病に罹ることも少なくありません。

このような精神状態ではリラックスすることも難しく、インポになってもおかしくはないのです。同じ心因性EDには、過去に性交渉で失敗したトラウマを原因としたものもあります。

男性は意外とナイーブなので、男性器が勃起しないという問題は、男としての自信を喪失させるのと同じことです。

その他にも、上手く挿入できなかった、彼女にサイズを笑われた、早漏気味で相手が満足していなかったというトラウマによって、精神的苦痛を覚え心因性EDを引き起こしてしまうのです。

これらの原因とは別に、服用している薬が身体に影響を与えてインポになっていることも考えられます。薬は病気の治療や予防のために用いられますが、その効果を発揮するために身体に有害な影響を与えることもあるのです。

いわゆる副作用といったもので、様々な種類の薬が関係してきます。さすがにサプリメントやED治療薬は影響してきませんが、抗うつ剤やホルモン製剤など薬の種類は多岐にわたるので、気になるのなら病院で診察を受けるようにしましょう。