何故インポになるのか?インポになる理由はいくつもあるの?

どういう理由でインポになる?

どういう理由でインポになる?

人間は歳を重ねると遅かれ早かれインポになりますが、そもそも年齢によって生じるインポとは血管だけに限らず神経にまで障害が起こる事で引き起こされ、その中でも動脈硬化によって生じる血管障害は代表的です。

避ける事ができない問題なので若い時と全く同じようにするのは困難ですが、中高年層になっても機能をキープし続けるには日頃から引き起こすきっかけになる病気を発症させないように心がけたり、嗜好性と生活習慣にも目を配るのも大切です。

医学の観点から考えると、80歳を超えていたとしても健康面に課題が無いのなら原因を特定し解消するための治療が行えますし、機能回復を図って当人も変化に気が付けるようになります。

そのためには医師の元に行き診察して頂くのが最善策となり、慢性化していて気がつけない事柄についても客観的な目線でアドバイスして頂けるので効果的です。

もちろん診断を受けただけでは何も変わらないので、医者がお話する原因と助言をしっかりと汲み取って今後の生活に活かしていく必要性があるのですが、当然の事ながら今まで好き好んでやっていた事は高い確率で禁止されるので覚悟は必要です。

理由はインポとは高血圧と脂質異常症、糖尿病などのいわゆる生活習慣病が原因の割合を多く占めているためであり、一部の栄養価が突出して高すぎる事によって、血管障害と神経障害が起こりサイズに変化が生じなくなります。

具体例としては陰茎には動脈が無数に存在していますが、動脈硬化になると各動脈の血液が減るので太さと大きさに変化が起こらなくなってしまいます。

糖尿病と診断されている方にインポが多い理由の裏付けにもなるのですが、他にも喫煙をすると血液粘度が著しく高くなるので円滑に流れていかなくなりますし、血栓ができてしまい大きさに違いが起こらなくなるどころか壊死するリスクもあります。

また人間は生きている年数が長くなる程各神経が鈍感になってしまうので、手で触れる事をはじめ恋人や奥さんと触れ合っているのに無反応になる機会が増幅します。

神経系は全てが脳に繋がっている上に中枢神経系や末梢神経系、脊髄神経というように細分化されており気持ちが高ぶったり刺激を得た際には、各神経もしくは複数を介してデリケートな部位に伝達されます。

しかしインポとは神経系が鈍感になる事も原因なので、3種類も存在しているのに全てが指令を伝達できなくなってしまい、そうした理由から一気に無反応になるのではなく加齢で少しずつ機能低下していきます。